記事詳細ページ

地価公示 山形県内の住宅地は3年連続で上昇 商業地は31年ぶり下落止まる

地価公示 山形県内の住宅地は3年連続で上昇 商業地は31年ぶり下落止まる:画像

ことしの土地取引の基準となる土地の価格・「地価」の調査結果が26日、公表されました。山形県全体で、住宅地は3年連続の上昇、商業地は31年ぶりに下落が止まりました。

県が公表したのはことし1月1日時点の県内の住宅地や商業地など合わせて198地点の1平方メートル当たりの地価です。県全体で1年間の地価の動きを示す平均変動率は住宅地がプラス0.3%と3年連続で上昇しましたが、上げ幅は去年に比べ0・1ポイント低下しました。
商業地の変動率は0%と横ばいで、31年ぶりに下落が止まりました。

令和5年分財産評価基準をご覧になりたい方はこちらからどうぞ。
https://www.rosenka.nta.go.jp/

2024.03.29:[スタッフレポート]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映

合計25,723,543件 (2011.02.22~) 今日24,272件 昨日28,054件 記事7,121件