記事詳細ページ

建物内観のデザインと軒天照明

建物内観のデザインと軒天照明:画像

 最近は急に寒さが増してきましたね。
昨日は地鎮祭を2件しましたが、これからはジャンバーかコートが必要な季節と感じました。

本日は建物の内観のデザインで印象的だったのを記載しました。
間接照明が天井と壁の間に入れるのはアクセントとして最近多くなってきました。
私もお客様によってある程度採用をしております。
この青の枠をつくった壁はインパクトがあって上の天井の木目とメリハリがあって面白く、内部の白の壁にタペストリーをアクセントに入れているのがオシャレと感じました。



こちらの照明デザインも私も最近取り入れており、軒天からの照明と植栽からのライトアップは上下からの外観をオシャレに演出する方法としてなかなかいいと感じました。

ライトアップは自宅もやっておりますが、雪が積もると見えなくなる点や、電球が水の影響で切れやすいので軒天がおすすめかと思います。



P.S.
 本日はこの内容をzoom朝礼の一部で話しました。
人間はとして大切なことだと感じましたので、皆さんに意識してもらいたく、今後も自分を戒めるためにも朝礼で言い続けていきたいと思います。

2023.11.13:[スタッフレポート]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/管理者の承認後に公開
菊池 幸生:画像

菊池 幸生

山形市の住宅工務店「株式会社菊池技建」のオフィシャルサイト。注文住宅・..

合計23,801,714件 (2011.02.22~) 今日2,385件 昨日9,824件 記事7,091件