記事詳細ページ

部屋の収まりデザインポイント

部屋の収まりデザインポイント:画像

 最近は寒暖の差が激しくなり、寒さもとうとう氷点下が出てくる季節になりました。
今のところ、現場は支障ありませんが、雪が降らないで建て方まで順調に進んでいきたいところです。
本日は、以前に宿泊したホテルでの部屋のオシャレなデザインで目についた部分を記載します。

 上部の画像のようにクロスがアクセントで帰る場合に、目透かしという納め方があります。こちらですと色の切り替えの際に、段差ができて施工は少し手間はかかりますが、きれいに収まって見えます。
 クロスを切って単にくっつけたものよりも立体感が生まれますので、現場管理者はこのように納める見た目も重視して施工指導をしてほしいと思います。



 またこちらのテレビも上からの配線をうまく隠してスッキリ見せる方法もありだなと感じました。
当社の施工ですと壁全体をふかして壁裏で配線をやりますが、このようなやり方も寝室などは家具に左右されずにいいものだなと感じました。



 最後に、外観。
これは部屋の収まりではありませんが、立体感のある外壁材を利用してコンクリート打ちっぱなしと隣接しているせいかオシャレに感じます。
外壁材は見た目に重要な役割を果たしますので、色のコーディネートなど気を付けて提案していきたいと思いました。

2020.11.09:[スタッフレポート]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/管理者の承認後に公開
菊池 幸生:画像

菊池 幸生

山形市の住宅工務店「株式会社菊池技建」のオフィシャルサイト。注文住宅・..

合計15,015,921件 (2011.02.22〜) 今日125件 昨日3,694件 記事5,113件