記事詳細ページ

窓の設計

窓の設計:画像

 先日、YKKapさん主催の住宅設計セミナーへ参加してきました。
そこで感じたのは軒先の長さと日射遮蔽の関係について改めて重要であると実感しました。
窓は隣の家とのプライバシーや高低差換気などにも設計上大変重要な要素になりますが、方位と大きさを重点的にみると熱取得の考え方も大変重要な要素であると実感してきました。

また、デザインや窓の大きさによって居心地の良さも変わり、窓の高さによって採光計算と日射遮蔽の影響が大きい点についても今後の課題として重視して設計していきたいと思います。



この画像のように低い位置での居心地の良さもすごく重要な要素だと思います。
方位や用途によって窓の設計に注力し、今後は数字化してお客様へご提案できるようにトリプルガラスも部分的に取り入れてご提案して参ります。

私的には南側はペアガラスの方がいいようですが、ダブルペアガラスにして熱取得の時は片方を開けてダブルサッシのメリットも生かして設計していきたいと思います。

今後も勉強を怠らわず、謙虚に努力を重ねていい住宅をできるだけ安く提供できるようにしていきます。

2020.02.24:[スタッフレポート]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/管理者の承認後に公開
菊池 幸生:画像

菊池 幸生

山形市の住宅工務店「株式会社菊池技建」のオフィシャルサイト。注文住宅・..

合計13,146,426件 (2011.02.22〜) 今日3,553件 昨日7,448件 記事4,808件